×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>*美容、病気>病気と共存手湿疹(主婦湿疹)


 *美容、病気


 ・アトピーにいい化粧品
 ・あぶらとり紙は買わない
 最後まで使いきろう
 ・くせ毛のストレートヘアーへの憧れ
 ・ヘアスタイル変えたくなったら
 ・石鹸・シャンプーはいつもので
 ・ハンドクリーム消費量
 ・薬の成分調べ

 ・病気と共存
 1.摂食障害
 2.排卵障害、PMS、子宮筋腫
 3.お尻の病、貧血
 4.手湿疹(主婦湿疹)
 5.花粉症


 


4.手湿疹(主婦湿疹)


 幼少のころからアトピー性皮膚炎で
 ピーナッツともち米が駄目な食物アレルギーでした。

 足や手にも発疹しましたが、主に首より上が↑
 ・頭皮(髪の毛があるので蒸れてそして乾燥。
      かゆみとかさぶたの繰り返し)
 ・頬(髪の毛がどうしても触れてきてかゆい)
 ・耳(耳たぶが切れ込み血が)
 ・首(常にあせものような感じで、ぶつぶつと広範囲に。。。)

 かゆみがひどいときは気が狂うほどかゆく掻く。
 病院でステロイドの軟膏とローションが主でした。

 二十歳前後には首と頭皮だけになり、
 22歳には頭皮に少し残るぐらいになり、
 食べ物も気にせず、過ごせるになってきました。
 
 それが。。。「手湿疹」 発症!!!

 28才の時、
 両手の第1指から第3指の間に小さい水泡が多数でき
 つぶれて体液が出てはひどくかゆみがし、
 そのあと乾燥してくるの繰り返し。。。
 
 今までも今もずっと仕事でお茶くみはしてますが
 以前は発症したことなかったのですが。。。
 
 家事で水仕事が増えたことと
 住む場所が変わり、
 (県北の川の近くから→県南の海の近くに)
 水道の水質の違う地域にも関係して発症したようです。
 たまたま話した眼科の先生が
 「海が近いから水がよくない地域なんよね。」
 と言っていました。
 今また県北ですが治りません。
 それとどうもホルモンが変わる、
 排卵日から生理までのPMSの期間もひどくなるようです。
 
 幾度となく、皮膚科に通いましたが
 「湿疹ですね。」
 と言われ、
 ステロイド軟膏処方ばかりでぜんぜん改善しないので
 病院も行かず市販の薬で我慢してきてました。
 
 ステロイドを使い出すと
 だんだん薬を強めないと効かなくなるからです。

 今は『 一番きつい分類 』 の
 すごく強い薬(最強レベル)を持って一時改善してから
 頻繁に塗布できない強い薬なんだからと気をつけながら
 ハンドクリームと手袋と洗剤をうまくつかいながら
 できるだけ水に触れる機会減らす生活をしています。
 
 アレルギー素因は最後に手に出て消失すると
 皮膚疾患のHPに書かれておりました。
 そうなればいいのですが・・
 

>*美容、病気>病気と共存手湿疹(主婦湿疹)